シンガポールでC4カクタス買いました

シンガポールでカクタス買いました。日本発売まで実際乗ってみての感想等をお届けするのが目標です!がシンガポールの話もしまーす

父親の育児休暇が2週間に

昨日、こんなニュースが流れてきました↓

これは、子供が生まれたとき、父親が取ることができる産休、というか育児休暇(Paternity Leave)が、来年から、現行の1週間から2週間に増えるというニュースです。

 

現行制度で、年6日の子供の面倒見る休(?)(Child Care Leave)が両親に与えられていますから、これとあわせれば、産後3週間、父親も有給で休めることになります。

 

さらに、現行制度でシンガポールでは、子供が生まれると政府からベビーボーナス(Cash Gift)がもらえます。以下のように、1人目で8,000SGD、3人目なら10,000SGD政府からもらえます(ちなみにこれ、金額がどんどん上がってます。うちのときは4,000SGDでした)。

Cash Gift

Child Order

Born between 26 Aug 2012 and 31 Dec 2014 (for each child)

Born on or after  1 Jan 2015 (for each child)

1st & 2nd Child

$6,000

$8,000 (inclusive of $2,000 Baby Bonus Plus)

3rd & 4th Child

$8,000

$10,000 (inclusive of $2,000 Baby Bonus Plus)

5th and higher

$0

$10,000 (inclusive of 2,000 Baby Bonus Plus)

(参照)Baby Bonus Scheme - Ministry of Social and Family Development

 

さらにさらに、政府との共同積み立て口座(Child Development Account)を開設できます。これがとても興味深いのですが、例えば、両親が100SGDこの口座に振り込むと、政府も100SGD振り込んでくれるというもので、上限金額が以下のように決まっています。一人目だと、両親が6,000SGD貯金すれば、政府も6,000SGD入金してくれてるということになります。上のボーナスとあわせて、子供を一人産んだら、百万円(以上)出してやると政府は言っているわけです。ただし、この口座のお金は子供の養育・教育にのみ使うこととされており、自由に引き出して使うことはできません。うちも、子供の将来の学校の授業料のためにこつこつやってます。

Child Development Account

Born on or after 24 March 2016 (for each child)
Child Order *Maximum CDA Benefit provided by government
1st & 2nd Child $6,000
3rd & 4th Child $12,000
5th and higher $18,000

(参照)Baby Bonus Scheme - Ministry of Social and Family Development

 

さらにさらにさらに、子供を持つ親の税金は軽減されます。一人目なら5,000SGD、両親の個人所得税を減額してくれます(2人目なら10,000SGD、3人目以降20,000SGD)。おかげで、子供が生まれたあと、私と嫁さんの個人所得税は、ゼロでした。

 

このようにすばらしく、ありがたい政府からの子育て補助ですが、当然のことながら、これらはシンガポール国籍の子供の親にのみ適用されます。これは、シンガポール国民が子供を産むことに加え、シンガポールにいる外国人が国籍を捨ててシンガポール国民になってから子供を産むインセンティブになっており、さすがとしかいいようがありません。さらに、外国人のまま子供を生んで育てる場合、母親の産休は4週間少なく、子供の学校代は外国人価格でシンガポール人の子供より高く、託児所等の料金への政府の補助もありません。

 

シンガポールの政府は非常に優秀です。やることなすこと、いちいち理にかなっていて、合理的です。そして、一党独裁がゆえに、即実行に移せます。それは、この国の少子化対策にも如実に現れています。