読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールでC4カクタス買いました

シンガポールでカクタス買いました。日本発売まで実際乗ってみての感想等をお届けするのが目標です!がシンガポールの話もしまーす

娘の保育園の保護者面談で通知表を渡されたゾ

と意味なくクレヨンしんちゃん風タイトルにしてみましたが、先週の土曜日は娘の保育園の保護者面談でした。

 

今年の1月から始まった新学年、保育園2年生(N2: Nursery 2)のターム1が終わり、そのフィードバックをしてもらうということで、portfolioという成績表のようなファイルをもらいました。

 

CがSatisfactoryで、Dがneed improvementとかそういうので(AがExcellent、BがGoodだったかな?)、学習面(英語、中国語)、授業態度等、結構細かくいろんな項目でgradingされていました。さすがシンガポール、保育園といってもお遊びではなくて、けっこうちゃんとシビアにみてるんだなぁという印象です。

 

で、一番良かったのは、大きな声で歌を歌うとか、楽しんで授業に参加するとかそういう学習態度の面で、Aがいっぱい並んでました。去年は、恥ずかしがって発言できなかったりして、「もっと自信を持ちましょう」みたいなことを書かれてたことを思うと、成長したな~と思います。今では、クラスで一番大きな声で歌を歌っているようです。おおー。

 

あと中国語も良い評価でした。まあこれは先生(中国語専任)が優しくつけてくれてる感がありますが、先生のことも大好きで、楽しんでやっているようです。

 

いわゆる「がんばろう」だったのは、英語のフォニックス(first sound of ○○○は?みたいなの)と、数字とアルファベットの書き取り(大文字)で、'D'でした。

 

思えば、私の保育園のときの記憶ってほとんどなくて、「とにかく昼寝をさせられるのがいやだった」くらいしか覚えてないです。母親が言うには、行くのを嫌がって泣きまくって、かわいそうなのでパートをするのをあきらめたとか、そういう話らしいです。

 

それを思うと、保育園でいきなり書き取りとかやらされて、大変だなぁなんて思いますが、本人は学校を楽しんでいるようで、安心しました。

 

幼児教育って、結局大人になったとき覚えてない時期にするものですが、その後の人生にいかほどの影響があるのか、正直私には分かりません。ただ、何をやってたか将来記憶に残ってなくても、言語の面でしっかりアタマに入っているのは確かだと思います。

 

娘も少しずつ語彙が増えていっているようです。言語の習得は、今がいちばん大切な時期ということで、私も、日本語をもっとちゃんとやってあげろと嫁様からおしりをゲシゲシされてます。

 

が、それも、その言語を使わない環境に行っちゃうと、どんどん忘れていくようで、ま、実際のところ良く分かりません。

 

なんにしても、継続してコツコツやっていくことが大切なんでしょうね。娘の日本語のためには、日本人の友達に一緒に遊んでもらうのが一番いいのかもしれませんが、今のところそれは難しいので、パパががんばるしかないですね。