シンガポールでC4カクタス買いました

シンガポールでカクタス買いました。日本発売まで実際乗ってみての感想等をお届けするのが目標です!がシンガポールの話もしまーす

ブログと子供に教えることって似てる!?

ブログを始めて最近よく思うのは、ブログと子供にいろいろ教えるのって似てるなぁ、ということです。

 

いま子供にはさみの使い方を教えているんですけど、まだまだうまくできなくて、まずは直線にそってまっすぐに切る練習をしています。最初は、なかなか思ったように切れなくて、「あー、そうじゃないそうじゃない」って横でやきもきしたりイライラしたりしてたんですけど、練習中の人相手に毎回完璧な仕事を求めるのもおかしいと考えるようになり、まあそこそこ切れたらいいかと結果を急がずゆっくり見守ってあげることにしました。そうすると、その次の日には何回かに1回はきれいに切れるようになったりするのです。

 

子供の日々の成長や上達って、1日1日で見たらそんなに変わってないように見えますが、時間が経って後から見返すと、実は確実に成長して大きくなってるし、前はできていなかったことがたくさんできるようになっています。

 

あと、なぞりがきでひらがなの書き取りなんかを練習させてますが、これも前まではぜんぜんできなかったのに、いつの間にやらきれいに書けるようになってました。でも、そうやってできるようになってることより、できていないこと、たとえば「まだカタカナができてない」とか「濁点つきがまだよめない」だとか、「話し言葉に日本語が出てこない」といったことにどんどん意識が行ってしまいがちです。でもこういう不安も、ある程度時間が経って振り返ってみると、いつの間にやらできるようになっていることでしょう。

 

ということで、大事なのは「継続すること」の一点に尽きるということになるかと思います。うまくできても、できなくても、はげましながら試行錯誤を継続することで、子供はどんどん新しい力を身につけていくのだと思います。

 

先を見てしまうと、あれもこれもと心配の種はつきませんが、日々、できるようになったことを見ていくことが大切なのではないかと思います。シンガポールに限らず現代社会はストレス社会なので、「できてないこと」ではなく、「できるようになったこと」に目を向けるのがよいかと思います。シンガポールの子供たちは、小6の統一テストのおかげで、ストレスストレスと毎日言っているようですが、それは親が毎日ストレスストレスであるだけで、私は自分の子供にそういう風になってほしくないです。

 

翻ってブログの話ですが、これも、「継続が一番大事」という点では同じかと思います。また、日々成長しており、後から見返すと、最初思ってたより遠いところまで来てる、というのも同じです。

 

当ブログはまだ100記事も書けていませんが、私が最初思っていたよりも多くの方に読んでいただけるようになりました。でも、他のもっと多くのPVを集めているブログなんかと比べてしまうと、「このまま続けていってPV増えなかったらどうしよう」とか不安になったりします。でも、以前は「このまま続けていって一日100PVになる日が来るんだろうか」とか心配してましたが、今はクリアできました。クリアできた理由は、ひひとえに「継続したから」の一言につきます。

 

ですので、子供の成長を見守るのと同様に、ブログの成長を見守りながら、これからも継続して行きたいと思っております。子供が大人になったときにどんな心境になってて、何が見えているのか今からは想像もできないように、ブログに何千記事と投稿したときにどうなってて、何が見えているかは今からは想像もできませんが、どちらも今から楽しみであります。

 

と、いうわけで、子供の成長とブログの成長は似てるかも、というお話でした。